Overblog Seguir este blog
Edit post Administration Create my blog
30からが人生と考えるブログ

30からが人生と考えるブログ

アラサーから輝く為の日記

恋愛観の熟考

男性・女性の恋活について。10代後半から20代前半において、よりたくさんの出会いを求め、楽しい時間が過ごせる人を常に求めて走り続けていました。私自身・また私の友人たちもご多分に漏れず、毎日毎日飽きもせずいわゆるコイ話をして、あの男はやめろ、あの男は最高、あの男はうざい、などと自由にしゃべり、批判し、走り続けていました。

そして20代後半に向かうにつれて、結婚・出産・環境の変化・仕事への情熱など様々な変化に取り巻かれることになります。

どんな人でもそうなる、共通タスクです。その時、自分の横にいる恋人が【これから一生過ごせるか?】という視点でじっくり観察することを始めます。

毎日よりたくさんの人に会い、話して、比べて、試して、、と続けてきたことをピタっと辞める瞬間が必ずきます。その時、【じっくり観察したとき】に、違うと思えば、今度はたくさんの出会いを求め、楽しい時間が過ごせる人を常に求めて走り続けるのではなく、10代後半から20代前半とは違う、【基準(感覚的なものでも可)】を持って人と向き合うことを始めます。そうすると基準が単純で当たり前のことであることに気づきます。

思いやりがある、掃除をする、お礼を言う、人を大事にする・・・など、小さな時から教えられていることをきちんとできることが恋活、婚活では大切なのではと考えます。

当たり前が意外と難しいということも同時に感じます。これが前向きに恋活、婚活に参戦していく第一歩だと思います。そして【観察する】ということは逆に【観察されている】ということを自覚することが大二歩だとも思っています。

最近話した10年来の男友達から相談を受けました。まず、その男友達はとても優しく、好青年、仕事も真面目にこなしていて、実家も裕福で、経済的にも余裕のある男性です。30代に突入し、まわりの友人も結婚していく中で、自分はどうしようかと悩んでいました。

彼の職場は技術職で20代後半の部下の方が多く、上司ともなるとグッと上になって室長兼部長くらいだそうですが、この室長、50代も後半で定年が近いというのにかなりの遊び人で先月も都内の交際倶楽部に入会してるとかなりん暇とかお金を持てる余してるいいてるならしいいのです。

恋愛相談をその上司にすれば、まったく恋愛観というか異性の価値観が違う為、残念ながら参考にならないとの事。もてないわけではなく、かなりかわいい彼女や若い彼女が定期的にいましたが、なかなか結婚までは行っていない・・という状況より、自分の見る目がないのでは、という結論に至っていました。

そこで「どういうところで女性を見ればいいか」という話になり、私は正直即答ができませんでした。私自身もいまいちわかっていなかったからなのですが、私も既婚者で、夫が世界一だと思っていますが、それは私にとって、という主語がつきます。

その男友達にとって一番良い女性ってどんな人だろう・・と考えるとなかなか答えが出ませんでした。しかし、他の友人たちの意見も聞く中で「落ちてるゴミを拾う子」という1つの答えがでました。

オフィスでも、街中でも、ゴミ箱の近くに落ちているゴミをそのままにせず、ゴミ箱に入れておく、という当たり前のことですが、そういうこともできない人っていやじゃない?という「確かに!」という答えが1つでました。

これだけではないのですが、人となり、というものを見るにあたり、当たり前のことができることは1つの指標となると思います。





















































Compartir este post

Repost 0